三上延「ビブリア古書堂の事件手帖5」

*以下ネタばれ注意
第一話
この後奥さんと再会してぎこちないながらもいい雰囲気になっていた所に女子高生と仲良ししている所を見られて修羅場るけど最終的に奥さんと女子高生が仲良くなって大団円、という所まで妄想した(キリッ。
奥さんが、そんな仕打ちに合ってなお、旦那の事を思っているのが可愛くて可愛くてですね……。奥さん視点で見ればただの悪役だぜ?
勿論大変だった当時はもっとぐちゃぐちゃしてたのでしょうけど、それでも大変だった過去を過去にして笑ってられる奥さんの偉大さよ。
主人公視点ではわからなかった部分をどんでん返し?といして他の視点で付け足す形が面白かったです。こういう構成もいいなー。

第二話
弟君はどうして5年もたってから不満を爆発させたのか……。
人間精神的余裕がなくなるとダメってことなのか、単純に手塚御大について調べ始めて当時の事を誤解したのが高校に入ってからだったのか。
何にせよ、父ちゃんに構って欲しくてやったようにしか見えなくてなんだかなぁ、と。ファザコンの裏返しなんだろそうなんだろ?(言いがかり
手紙による交流云々のところに懐かしさを感じました。
そういえば昔の漫画系情報誌?オタク向け情報誌?には文通しようぜ!みたいな欄があったの見たことあるなぁ、と。
文面に関しては生暖かい気持ちになりましたが。これ読み返すと恥ずかしいやつや。黒歴史的なあれや。

第三話
澄夫さんがいいキャラしていて好きです。
ただし、彼が良い人だったかと言われると否定したい。
最後に爆上げがあったけど否定したい。
彼はダメ人間だけど憎めない系の人だと思っている(何。
今まで彼が周りに散々迷惑をかけたのは事実だからな!その性質が簡単になくなるわけないよな!
しかし、兄ちゃんも割と駄目人間枠だと思うんですよね……。
ごめんねの代わりに本をあげるってそうじゃないだろ不器用か!ていう。
栞子さんの父ちゃんにも同じ匂いを感じました。
娘に母ちゃんがいなくなること前提で結婚したんだよ、てこと伝えておいてあげろよ。
それでもちゃんと二人の間には愛があるんだよ、というのを言っておいたらここまでこじれなかっただろうに。
2話の父ちゃんもそうですが、コミュ力低い人しかいねーな!皆文香ちゃんからちょっとづつコミュ力分けてもらおうぜ!

そんなわけでやっと主人公達がくっつきましたね、恋愛的な意味で!
遅いよ!
意外と栞子さんが積極的で困惑を隠せません。
でも、名前で呼んだり主人公を連れ戻しに行ったりする行動力を考えると、意外でもない、のか……?
やっとくっついたら次回はどうやら1巻でのあれこれに再び焦点が当たる感じですかね?
田中さんは嫌いではなかったので再登場嬉しいです。
主人公と仲良くなれば面白いのに(ないない)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

D277

Author:D277
全力でオタク道を驀進中。
足抜けの傾向は見られない。
無節操に色々手を伸ばしています。
心のバイブルは燃えよ剣(笑。

↓ブログに上げた版権絵をまとめたサイト。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア