三浦しをん「まほろ駅前狂騒曲」

*以下ネタばれ注意
ようやっと読みましたー。
三冊目!前回とは打って変わって今回は長編ですね。
読んだ後にタイトル見返してすごく納得しました。
確かに駅前が狂騒な内容でだったわ。
久々に三浦さんの作品読みましたが、やっぱりこの人の話好きだなぁ。

岡さん。
相変わらず横バス大好きで生暖かい気持ちになっていたらこれである。
え、近所の人達がこんなに集まる程に間引き疑惑広まってるの!?
そんなに言われるほどの何があるというんだ。
皆横バス大好き過ぎるわ。
一種のアイドルじゃないのかと思えてきたぜ……。
なんだこの人達のこの執着心。
で、結局疑惑は真実なのかどうか。
岡さん達と横バスの全面戦争編とか見てみたいなぁ(笑)
あ、最後の完全に尻に敷かれてる岡さんが大変かわゆうございました。
奥さんはもっと旦那のこと目を光らせているべき。
旦那諦めてないよ、ほとぼり冷めるの待ってるだけだよ。

中野さん。
(私の中で)今作のMVP。氷ナイス!
箱根推しなのが可愛かったです。でも問題はそこじゃない。
老人達とのやりとりなんだこれコントか。
裕弥君突っ込み頑張れ!脳内だけじゃなくて表にもっと出していいんだよ!!

星さん。
部下達と一纏めで可愛い。
星さん大好き!ていっそ信仰に近い敬愛抱いている部下可愛い。
星さんにちょっと可愛い言ってるお前が可愛いわ!!
「悪い人」なのに、星さんのこの憎めなさはなんなんだろうなぁ。健康マニアなせいかな(どうしてそこをチョイスした)

多田さん。
多田さんの恋が実るとは思わなかったぜおめでとう!!
いや、両想いかも?みたいな描写はあってもくっつくまでいくとは思わなかったので。
多田さんと一種に展開早いね!?て突っ込みいれたよね……。

行天さん。
はるちゃんとのやりとりが可愛くて微笑ましくてニヤニヤしてました。
最後の挿し絵……手繋いでる……!
今回一番笑ったのが、行天さんがどこにいたか、のネタばれシーンでした。
うん、本当どうしてそこにたどり着いたのかな?本末転倒過ぎるよね??
通りで多田さんは寝室直行になるわけだ……。
あそこが伏線になってるとは思わず読み飛ばしてたぜ。

津山さん。
幸せそうでよかった。
彼は布団から手紙見つけたのだろうか。
見つけてなくて奥さんと娘さんが布団から見つけてなぜこんな所に……と訝しがる展開もそれはそれで。

野菜団体。
これだけ労働力裂いてるのに農薬かけないといけないのだろうか……?わからん。
上役の行動もですが、彼らが何をしたかったのかもよくわからん。
子供の為にと言いながら子供フラフラにして本末転倒じゃね。
裕弥君の母ちゃんはまず栄養学を学べと(以下略)
塾に行かせて成績気にしてるくせに勉強より畑仕事優先させて、なのに成績下がると怒るとかちょっと意味が分からないですね。
勉強させたいのかさせたくないのかはっきりしようぜ!
正しいと思う事を疑え、て彼らに言って欲しいけど視野狭窄になってる人には聞こえないんだろうなぁ。

行天さんがトラウマを少し乗り越えて前進して、大団円なのかな?
最終巻になっちゃうんでしょうか。
これから、の番外編的な話も読んでみたいです。
主に行天さんの探偵家業のあたりを(笑)
接客できるの?大丈夫なの?結局多田さんが世話を焼いちゃう図しか想像できないぜ。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

D277

Author:D277
全力でオタク道を驀進中。
足抜けの傾向は見られない。
無節操に色々手を伸ばしています。
心のバイブルは燃えよ剣(笑。

↓ブログに上げた版権絵をまとめたサイト。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア