仁科裕貴「座敷童の代理人」

*以下ネタばれ注意
*いつも以上に感想がぐっだぐだしている

面白かったです。
と、いうか可愛かった。
河童がですね、いい味をだしているんですよ。
やだ……格好いい……。渋い……。
幸村さんとツンデレ狐も可愛かったです。
幸村さん大好きツンデレ狐可愛いので、もっと絡んで欲しかったなぁあああ!!
幸村さんと旦那さんもバカップルぽくて可愛いので惚気話がもっと聞きたい。聞きたい。
旦那さんに惹かれるエピソードにページ割いてもよかったんやで……?
妹分に甘い幸村さんも可愛いのでいちゃつく二人ももっと見たかった。
つまり何が言いたいかというと、幸村さん大好き!!てことだよ!!(何
いやー、しょっぱな「ツンデレか!きつく当たっているけど本当はヒロイン好きなんだろ素直になれないだけなんだろ!」と思っていたらただのデレデレだった衝撃よ……。
ギャップ萌え辛い……可愛い……(そうか。
彼女の死についての周りの反応はちょっとあれだったけどなー。
うん?ヒロイン自分の事しか考えてないね??あ、でも、そもそもそういうことに対する反応って自分勝手なものか(死者を弔云々は生者のため派の人)。好きな人いなくなると(自分が)悲しいってことだよな、なにも間違ってないよな(混乱)
主人公の、受け入れるなんておかしい、て反応が一番なにいってんだこいつ……とはなりましたが。だから!やれることを!やった結果だといってるだろうが!!諦めた結果じゃねーよ!!(主人公もダダこねているのと解っていて自分が今できる事がないか、に思考をシフトチェンジましたが)
あと個人的に死=自我の喪失だと思っているので、肉体のみの死って=死になるのか、とそのあたり突き詰めて欲しかったな、と。残される人達にとっては「死」以外の何物でもないですけど、幸村さんにとってそれは「死」なのかどうか。新しく生まれなおす?て事になるのかな……何言っているかわからなくなってきた(いつもの事です。
何より鬼畜だと思ったのが、神様の仲間入りするので彼女に関する記憶は消えるから皆悲しまないよ大丈夫☆(間違ってはいない)って設定だよ。
大好きな人の事を強制的に忘れさせられるとかお前……お前……。
悲しいからって忘れたいわけじゃないんだよ。そりゃあ辛いけど、忘れたくはないんだよ。そんなことしなくたってどうやったって少しずつ忘れていってしまうんだから大事に覚えていたいんだよ。って人もいるんだから、勝手に押し付けないでよ!てなってもごもご。
ぐっだぐっだ書いてますが、話自体は人情事件物な感じでほっこり可愛いんですよ!
登場人物もちょっととぼけた感じの人が多くてニヤニヤ。
悪い人いないんですもの……。
あえて言うなら、主人公の担当さんがちょっと悪役ですけど、主人公視点だから仕方ないし、あの人にも色々あるんだろうなぁ。
次巻では、担当さんが旅館に来て主人公に心を開く展開がこればいいのに(待て。

主人公が「妖怪好き」という設定が生かされていなかったのは気になるところ。
生い立ち故に……ということなのでしょうけども、話と!もっと絡めようぜ!!
妖怪と知り合えてテンション上がるわけでもなく(喜んではいたけれども)、饒舌になるわけでもなく、妖怪について語るわけでもなくって……主人公の妖怪知識で事件の糸口を握るとかさしてくれると思っていたので拍子抜けでいた。
いや、まあ、本物の妖怪がいるのに、妖怪知識でどうのというのも釈迦に説法ぽいですけど。
これならいっそ、妖怪の知識ゼロ(生い立ちゆえに逆に無意識に触れないようにしていたとか)にすればよかったのではなかろうか。それか妖怪云々よりも「遠野物語」がピンポイントで好き、て設定にするとか。
妖怪好き、という設定のせいで、座敷童の解釈のエピソードあたりが気になって仕方なかったです。
「座敷童は建物を依代にしている」
って、それならなんで「家から去る」座敷童がいるのよ?て突っ込みたくて仕方なかった。
妖怪好きな主人公なら突っ込んでくれると思っていたのにまったく触れてくれなくてジリジリしたよね。
幸運をもたらすだけではなくて、いなくなるとその家は没落してしまう、というのが座敷童の陰陽じゃねーの?って対して妖怪に詳しくない私ですら知っていることを!妖怪マニア(そこまでは言っていない)が突っ込まないのはなんでなんだ。
このあたりも含めて「建物の付喪神」という解釈を展開させて欲しかったなぁ。
座敷童に関しての解釈をもっと尺とってやっていたら、最後のどんでん返しがもっと映えたと思うのですよ。
京極さん並にねっとりやってくれとは言わない!から!!(笑
最後「お!」と思っただけにあっさりしすぎてもったいなかったんだ……。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

D277

Author:D277
全力でオタク道を驀進中。
足抜けの傾向は見られない。
無節操に色々手を伸ばしています。
心のバイブルは燃えよ剣(笑。

↓ブログに上げた版権絵をまとめたサイト。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア