松村栄子「風にもまけず粗茶一服」

*以下ネタばれ注意
一作目はほぼ覚えていないのですが、「面白かった」という印象は強く残っていて、ニ作目があると知ったらそりゃ手を出すしかないですよね!
そもそも覚えてないなら一作目から読めよ?あーあー聞こえなーい。
主人公がお茶から逃げ出したわりにお茶にアクティブに関わっていくのと、やたらメンタル(逆境に?)強いのと、最後唐突に題名回収して終わったのは覚えている。
いきなり改変パロ!?て印象的だったんだよなー。

主人公
彼のメンタルは一体どうなっているのか。
精神もですが、肉体的にも逞しすぎて、そもそもなんで家から逃げ出したんだろうこの子…と不思議になるレベル。
阿闍利さんところであの日々を過ごせるならどこででも生きていけるよ…。
彼の何が凄いて、こういう生活をしても根本的な性格が変わらない所だと思います。
逞しくなったと言う描写はあるけれど、基本スタート地点と変わっていない気がする。
視界は広くなっていってるし、自分の流派についても意欲的にかかわろうとするようになったけれども。
あ、弟強引に師匠に引き渡したのは正直酷いと思った。
唐突に連れてきて放置とか鬼畜の所業だね!?
それ学校本当にどうにかなるの!?

阿闍利さん
海外から戻ってきてしょんぼりしているジジイの可愛さよ。
彼と宣さんで今作のファンタジー度大幅に引き上げていた気がします。
バトルファンタジーに出て強キャラ張ってもおかしくない。

峯男さん
おそらく、今作で一番成長した男。
あのまま坊主になって欲しい気もしたなあ。
面白い坊主になりそう。
彼とおばあちゃんのやりとりを詳しく見たかったです。
口が悪いながらせっせと世話焼いてたんだろ。ツンデレツンデレ。

宣さん。
前作での彼と比呂希さんのエピソードを欠片も覚えてなかったので誰だっけ?となったわけですが…宣さんが肉体的にチートな事はよくわかった。阿闍利さんも相当だけど彼も可笑しいね!?老人とは…てなるよね。

氷心斎さん。
正直カンナさんに偶然とか勘違いでいいから一発殴って欲しかった。
あんな手紙で騙される正直さで家元とかできるの?ばかなの??
散々浮気しているのに、他者がやると文句いうのも殴りたい要因です。
自分の事棚上げしている自覚なさげなのがまた。
志乃さんにそのあたり突っ込まれててのに、よっしゃもっと突っ込め!!てなったんだぜ。
彼だけが悪いわけではないのは分かっているけどもなぁ。

翠さんと哲哉さん。
え、両想いだったってこと?なんです……?
完全決着はつけずに終わったので気になります。
翠さんが鈍すぎてもう一生くっつかなくてもそれはそれで面白い気もする(待て。
本気に取られていなかった哲哉さん可哀想可愛い。

カンナさん。
嫁ぎ先がかなり濃いが大丈夫か。
と、思ったけども、カンナさん陣営も濃いから問題ないね!
爺ちゃんと義父の言い合いが狐と狸の化かしあい見たいで楽しかった。
いつの間にかただのツンデレと化していた義父に笑ったよね。
何だかんだで嫁を可愛がるようになるわけですね解ります。

前作で発生した人間関係の後始末なのかな?てエピソードが多かったので前作を覚えていたらもっと楽しく読めたんだろうなぁ、と思いつつ、うろ覚えでも楽しかったです。
なにより、この作品の空気感が好きなんだろうなぁ。まったりするぜ。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

D277

Author:D277
全力でオタク道を驀進中。
足抜けの傾向は見られない。
無節操に色々手を伸ばしています。
心のバイブルは燃えよ剣(笑。

↓ブログに上げた版権絵をまとめたサイト。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア