木下昌輝「人魚の肉」

*以下ネタばれ注意
宇喜多の捨て嫁書いた人が新撰組の話(語弊)を書いたとしって飛びついてみた。
前作と違い、ファンタジー要素が大分強かったのですが、本来こういう方向が好きな人なのかな?
こういう薄暗い感じ(*ホラーではない)も嫌いじゃない。
正史と別要素を重ねるのも面白いなぁ。
全編通して、八木さんがこんなもんじゃお礼には足りない、て言ったのがデレだったていう解釈が一番好きです。
わあああ、京都の人面倒くさい!!可愛い!!てなったよね。

『竜馬ノ夢』
無限ループってこわくね?
本人に自覚はないけれど、何度も何度も何度も死を体験するとかえげつない。
回避不可なのが酷い。
ループしていることに気が付いて一発逆転!ていうのは絶対ないだろうなぁ。

『妖ノ眼』
平山さんの話。
結末知っているのでごにょごにょ。
うまくごまかして逃げる展開来るか!?と思ったけれど、こういう「予言」系は予言を知った結果予言通りになる、までがお約束な所があるから無理ですよね知ってた!
お梅さんのキャラクターが悪女タイプだったのが新鮮でした。
彼女は何だかんだで芹沢さんとラブラブしているイメージがある。何故だ。

『肉ノ人』
沖田さんが吸血鬼、という設定に某乙女ゲー思い出したのは私だけではないはず。
いや、内容としては(プレイしたことはないけども)乙女ゲーみたいに可愛い内容ではなかったけどな!?
えげつないことこの上なかったけどな!?
池田屋での喀血と結核のエピソードをそう混ぜてくるかー、という部分が面白かった。
山南さんが斬首に至った理由に、……バーカバーカお人好し過ぎるんだよバーカ!!てなったよね(語彙
近藤さんも土方さんも山南さんの事大好きだったてこの設定好きです(設定いうな。

『血ノ祭』
唐突に純愛物ぶっこまれて混乱した件。
え、ちょ、切ない終わり方したね!?ヤンデレ突き通すと思ったら路線変更したね!?
永太さんが人魚求めて酷い感じになるのかと思ったらそうでもなかったね!?
千代ちゃんと最後に会話とかできたら良かったのになぁ。

『不死ノ屍』
大石さんェ……てならずにいられませんでした。
佐野さん特に何をしたわけじゃないのに、大石さんだけ幸せな展開に同情を禁じ得ない。
あとこの話、BLのメリバ(*ハッピー要素は大石さんにしかない)に見えて仕方がなかったんだぜ。
前半の運ゆえに不死身、その自覚があるから泰然としている佐野さんの描写がとても好きだったので、最後の反動が余計辛かった。途中で展開見えるから余計辛かった。

『骸ノ切腹』
勘定方の河合さんに関するエピソードを含めた話。
血風録の印象が強いから、え、使い込みの背景は!?メロス(間に合わない)展開は!?てなったけれども、焦点はそこじゃなかった。
沼尻さんとのエピソードて展開に吃驚。
そういう切り口でくるかー!
親友の首をはねなければならずしかも苦しませてしまった苦悩がえげつないです。
えげつなかったのに、読後感は他の話よりスッキリしている不思議。
吹っ切れる展開が来たからかな。
近藤さんの百姓ゆえに人一倍「武士」への憧れが強い感じ嫌いじゃない。嫌いじゃない。

『分身ノ鬼』
斎藤さんの話。
パラレルワールドを同じ世界線で体験する話?寧ろ影分身の話?(待て
本人達が満足そうだから問題無い、のか……?
これだから戦闘厨は……、の見本でしたね!

『首ノ物語』
岡田さんの狂気をもっとじっくり書いてくれてもよかったのよ。
このままだとただの愉快犯だよね!?
京都が不死云々についてはいきなり話が壮大になってちょっとついていけないというか、放り投げた感があるというか。
地面が血を吸ったとして「京都」で区切るとどうして言い切れるのか、とそのあたりが気になりました。
その量で京都全体とか低燃費だね!?と脳内で突っ込んだりもしたけれど、突っ込むところはそこじゃない自覚はある。

で、土方さんはどういう症状がでたんです??
という所が気になって仕方がありません。
彼だけ何もないとかそんな事ないですよね?ね?
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

D277

Author:D277
全力でオタク道を驀進中。
足抜けの傾向は見られない。
無節操に色々手を伸ばしています。
心のバイブルは燃えよ剣(笑。

↓ブログに上げた版権絵をまとめたサイト。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア