逆転裁判6

*以下ネタばれ注意
*長いです

クリアしました!
楽しかったですー!!
最終話熱かった本当熱かった。
何より王泥喜君がとても格好良かったー!
と、いうわけで例によって例のごとくプレイ中のメモを張り付けるだけの簡単なお仕事。

第5話「逆転の大革命」
・みっちゃんに色々つきつけたかったのにつきつける機会を与えてくれない辛い。
 このまま基本別行動で美味しいところでちょろっと出てくるだけとかじゃないだろうな!?
・女王様の親衛隊が待ち合わせ場所である霊廟取り囲んじゃったんだけど待って。
 ねえ待って。
 これ密室フラグじゃない?
 中に入ったときにはすでにお父さん死んでたフラグじゃない?
 また真宵ちゃんが被告人になるのか、それとも霊廟に行く父ちゃん見たというレイファ様が被告人になるのかどっちだ。
 大穴でナユタ検事もありかな。
 そうすると最終話の検事誰がするねんという話になるけども。
・で、母ちゃんは父ちゃんの事けなしてたけど、なんで結婚したん?政略結婚??
・霊廟に一人で突入していったドゥルクさん。
 最終話の被告人はドゥルクさんか。
 過去の事件も絡んでくるから相応しいな。
・父ちゃんは慌てて霊廟に向かった。
 ……!これは、霊廟に来い、と連絡した人間は父ちゃんじゃなかった展開が来る……!
・え、ラスボス誰なのか全くわからん。
 ここから他のキャラ出てくるの??
 既存キャラで余っているのってあと女王様とダッツさんくらいじゃない……?
 密室状態作ったり女王様が怪しいけども、それだとレイファ様可哀想過ぎるのでやめてあげて欲しい。
 これでさらに前女王の暗殺云々にも女王様がかかわっていたよ!て展開が来た日にゃあ……。
・真宵ちゃんが疲れていたのは始祖様を霊媒していたからだと思うのですが……どうつながってくるんですかね?
 始祖様黒幕展開が来たらさすがに笑ってしまう。
・「ジーイン寺院前」で真正面向いたみっちゃん出てくると寺院の屋根が猫耳のように見えてくる件。
 成歩堂君も似たような位置に頭がくるけど、髪型のせいかみっちゃんほどフィットしてないんだよなー。
・ドゥルクさんは元女王様の夫でした。
 なん……だと……。
 つまりナユタ検事は王子様ってことか。
・ナユタ検事に評価されて褒められる事には悪い気はしていない茜ちゃん可愛いよ茜ちゃん。
 そこ二人の日常会話もっと見たいなぁ。
 連れまわされて辟易している茜ちゃんください。一緒に現場調べる二人が見たい。
・お母さんの方は実は霊力そんなになくて霊媒も出来ない、とかかな。
 で、霊力をもらえる秘宝がどうしても欲しいとか。
・椅子についている血痕に気が付かない警察とは。
 ……茜ちゃんが気が付かなかっただけで他の警察は気が付いてたとかそんなんなんですよね!?
・ドゥルクさんの大切な人……、ナユタ検事かアマラさんですよね。
 アマラさん実は生きてたとかないかな。
・王泥喜君の来世が青カビになった。
・ここで視点が成歩堂君に。
・わーい、みっちゃんが相棒キャラ!!全力で構うぞー!!!
・「肩もみ担当のカイワレクンといったか?」
 言ってねーよ!!くっそ、これだからみっちゃんは……好き。
・成歩堂君がいなくて寂しかったらしいみっちゃん可愛いよみっちゃん。
・「次回の給与査定を楽しみにしておけとな」
 ファンサービスあざっすー!糸鋸刑事ご本人が出てきてもいいんやで。
・ベッドとシャワーが欲しい御剣検事。雑魚寝は嫌かそうか(ニヤニヤ)
・「一緒に行く人なんていないクセに」
 成歩堂君と二人で観光なんてゾッとしないというみっちゃんに対しての内心の突っ込み。
 いるからね!?
 糸鋸刑事とか美雲ちゃんとか冥ちゃんとか(おばちゃんとか)いるからね!?
 ……でも、成歩堂君と二人で観光というのは、みっちゃんじゃなくてもちょっと……てなりそう。トラブル体質的な意味で。
 絶対事件起こるもん。
・御剣さんは派手好きなわけではない。
 ……みっちゃんの脳内における「派手」の基準はどうなっているのか詳しく。
・レイファ様はファザコン。
 何それ可愛い。
 大臣も娘のことは本当に溺愛していたとかなら私得なんだけどなー。
・成歩堂君に気持ち悪い言われるみっちゃん可愛いよみっちゃん。
 ちょっと感傷に浸ったらこの反応だよ!!成歩堂君マジドライ。
・黒のヘアスプレーやら人物の特徴を書いたメモやら……。
 これはあれか、霊媒で入れ替わっていて情報共有やら変装やらしてたってことか。あ、そうかバアヤさんか。
・レイファ様の誕生日を暗唱番号にしてレイファ様からの手紙を金庫に保管していた大臣(仮)。
 親ばか説が真実味を帯びてきて僕は俺は私は。
・クーデターの計画書を態々紙に起こして残しておくとか迂闊にもほどがあるよね?
・ナユタ検事はお母さん似。お母さん美人だなぁ。
・ミタマルぶら下げてる御剣検事の可愛さよ。
 え、ちょ、なにこれ可愛いのと可愛いのがくっついてるの可愛い(混乱)
・ミタマルを御剣さんから引き離している動画のせろください詳しく!!!
・窒息するかと思ったぞ、という御剣検事ですが、そのヒラヒラ取ればよかったんじゃね?
・ドゥルクさんの事務所って弁護士として活躍してたときから同じ場所にあったんですかね?
 ……だとしたら一見さんお断りってレベルじゃねーぞ。
 依頼に来るなって遠回しに言っているもんじゃねーか。
 でも、昔からあるとすると政府にばれてないのはおかしいんだよなぁ。
 元事務所なんて疑ってくださいと言わんばかりだろうし。
 うーん?弁護罪が出来たあとにわかりにくいところに作ったのかなぁ。
・やっぱりアマラさん生きてるんじゃねーかなこれ。
・生きているんですね、やっぱり。
 ナユタ検事もお母さん人質に取られたらどうもできんわなー。
・写真に対するドゥルクさんの反応が鈍かったんですがなんじゃこれ。
 とりあえず、あの赤ん坊がレイファ様説を推しておく(待て)帽子で髪の毛隠れているのは確実に何かのフラグなんだろそうなんだろ。
・ドゥルクさん死んでしまうって……、アマラさんがドゥルクさん霊媒しているってこと!?
 だからアマラさんであろうバアヤさんの姿が見えなかったてことなのか……。
・暇つぶしにトリサマン見ていた御剣検事なんなの……テーマソングに憤っているの可愛すぎるだろ……!(逆切れ)
 真宵ちゃんと真剣に語り合うがいいよ。
・裁判には王泥喜君メイン、成歩堂君相談役ポジで挑むことに。
 ……これが1話目だったら成歩堂君次の話で死んでたな……(トラウマ)
・ナユタ検事が検事役かと思いきや、女王様が検事ポジに。
 なん……だと……。
 ・……女王様斜めからの角度で見ると胸でかいね?(何見てる)
 ツルペタなレイファ様も将来こうなる可能性が……!?
・アマラ様の事件でも検事やっていたとか女王様怪しさしかない。
 狩魔検事みたいなあれなの?
・女王様特撮の「悪の女幹部」みたいな格好になった。
 こんなん笑うわ。
 完全にデザインの方向性が「悪」だけどいいの?
 しかもドS要素入っているじゃないですかーやだ、踏まれたげふんげふん。
・「成歩堂さんがバアヤになる日も近いかもしれないな」
 お前は何を言っているんだ。
・真宵ちゃんは第三者に入らないんだろうか……椅子があった位置に監禁されていたんだよね?
・ドゥルクさんの事を「お兄様」と呼ぶガランさん。
 ……23年前の映像はよ!!はよ!!
・ガラン様自分が法だとおっしゃっていますが、それならわざわざ死刑にすることに理由なんてつけなくてもよくね?
 自分が死刑といったら死刑、で成り立つんじゃね?
・レイファ様とナユタ検事は兄妹展開くるか……!?
・ああ、死んだ大臣を霊媒して生きているように見せかけたってことか。
・マントの下にはナイフが深々と刺さっていた。
 ……わざわざマントの下を刺したの?
 それとも慌てて逃げるのにマント着こんでからにげたの??
・「レイファが……、ぐ、グレてしまった……」
 言い方がくそ可愛い件。
・「なんだか、急にオカルトめいてきたぞ……」
 何言っているんだ、成歩堂君。
 霊媒って要素の時点ですでにオカルトだろ。
 逆転裁判は最初からオカルトだったよ。
・ダッツさんが最初から最後までただのお騒がせな人で笑う。
 矢張さんとコンビ組ませたいわー。
 絶対近づきたくないコンビだわー。
・電話をしていた時間はいつだったのか……て、携帯の履歴調べよう!?
 霊媒で矛盾見つけるより簡単だよ!?一発だよ!?
・大臣の人物メモ、スゲー単純な理由だったな……。
 さすがにそんなご都合主義な理由は使わんだろ、と思っていた、ん、だが……。
 霊媒ビジョン次回作も続くなら色盲の人の視界だったらとか出てきそう。
 人間が化け物に見える人の視界を映したら……、脳内映像と実際の視界はまた別なのかな?
・クラインに霊媒できる人物は二人しかいない。真宵ちゃんと女王様です。
 まて、アマラさんもいるだろ。
 安全な所で保護しているとは言っていたけど、国外って言ってないよね。
 ていうか、バアヤさんがアマラさんなんだろ!?
・「アマラの身を危険にさらすわけにはいかん」
 完全にアマラさんの霊媒によって現世にとどまってるじゃないですかやだー……やだー……。
 真宵ちゃんに霊媒してもらって最後に話とかさせてあげてくれないだろうか……。
・頬を膨らませる真宵ちゃんなんだこれ可愛すぎるだろ。
・大臣の服を燃やしたのです!
 ちょっとまてどこでどうやって燃やしたそんな火力あるものがどこに!?
 服を焼いた灰が混ざってたら分かるとおもうんだけども。
 線香の灰と全然違うし、金属等の装飾品は焼けないよ?
 ボタンがあったってことは見せかけの布だけじゃなくてちゃんと留め具とかもあったんだろ?
・この髪の毛でどうやって帽子をかぶっていたというのだバアヤ……。
・ガラン様といいアマラ様といい、早着替えどうなっているの……。
 王族のたしなみかなにかなの。
・ラスボスアマラ様でいいの?
 マジでアマラ様なの?
 ガラン様あからさまに悪役だけど実はいい人(私得)ルートワンチャンあるの??
 ドゥルクさんとの間にはちゃんと愛があると思うので、ドゥルクさんに対する辛口発言には裏があると思うのですが……どう展開するのだろうか。
・ドゥルクさんどのタイミングで死んでしまったん?
 霊廟にはいった20分かな、やっぱり。
 死体はアマラさんの棺に或るんだとおもうのですが……。
 警察諸氏は棺の中調べようぜ!!
・アマラ様はやっぱりナユタ検事のお母さんなんだなぁ。
 大人しそうな顔して暴言吐くのが実によく似ておられる。
 ……暴言吐いている所見る機会なんてほぼなかったはずなのになぁ。
 ドゥルクさんも、知らないはずなのに似た発言するなぁ、と思っていたんだろうか。
・アマラ様に寄ってくる動物超可愛い……!
 鹿のつぶらな瞳たまらん。
 ……ライオンはいないけど虎はいるんだね?
・茜ちゃん今回は辛い役回りだね……。
 逆転裁判で導きポジはアカンねん……アカンねんて……
・蝶のペンダントお揃いって知ってた。
 けどそうか、赤い方が嫁さんの方か。
 やっぱりアマラ様もドゥルクさんのこと大好きなんじゃないかー!
・あ、王泥喜君に会いに来たときからすでに霊媒だったのか、ドゥルクさん。
 で、霊媒してたのは真宵ちゃんだった、と。
・最後に王泥喜君に会いたい、という遺言を聞いてしまったナユタ検事の内心はいかに。
・大臣を殺した時のドゥルクさんはただの変装だったってことでいいんです??
 じゃないと、その時間に同時に同じ霊降ろしてることになるよね。
・あれ、もしかしてドゥルクさんの愛アマラさんに届いてなかった?
 真宵ちゃーん、ドゥルクさん霊媒して会話させてあげてよー。
・これはアマラ様悪役展開ねーな、と安心したものの、それってつまりガラン様ラスボスフラグじゃないか……どっちもやだよ!!
・大臣はどんなに霊力があっても体質的に霊媒出来ないと思うんだがそのへんどうするつもりだったのかな。
・ちょ、霊媒の義でどうしてそんなに胸元寛げる必要があるのかな!?
 メタ的に火傷の痕見せる必要があったとはいえエロいね!?
 人妻(巨乳)の胸のアップとかいいぞもっとやれ!!(お前
・!?
 え、ちょ、待って!?
 5で最後似たような展開みたよ!?ド鬼畜展開だね!?
 いやでも腹部ならまだ希望はある希望は。
・真犯人はナユタ検事。
 って待て待て、その展開は見たことあるな!?
 みっちゃんが似たようなことしてたよな!?
 あれは、自分が本当にやったと思ってたんだけれども。
 最終話でライバル検事(幼馴染)の無実を証明ってすごく1と被るね!!
・ところでそろそろみっちゃんに一言くらい差し挟ませてあげてもいいんじゃないですかね……。
 休廷何度かあったけども全然出てきてくれない辛い。
・ドゥルクさんがアマラさんをさらったのは15年前。
 やっぱり写真の赤ちゃん(可愛い)はレイファ様(可愛い)だったんじゃないですかー!
 ナユタ検事とレイファ様兄妹なんじゃないですかー!
・しかし、アマダさんとドゥルクさんの外見年齢どうなっているんだろうか。
 15年前と23年前って大分差があるけど納得されてしまうてお前。
・あ、王泥喜父を霊媒て方向じゃなくて、霊媒ビジョンで死に際を見る方向でいくんですね。
 ……真宵ちゃんいるんだから霊媒してもらって本人の口からきけばいいんじゃね?
・ガラン様は私が法律なのだから審議する必要などない!といってしまえばいいのでは。
 サイバンチョは置物なんだろ?強引に行くときと行かない時の差はなんだ。
・大臣は始祖の名前が分からない。
 いや、顔も分からないよね?
 それとも「人間」ではなく「人型」なだけなら認識できるのだろうか。
 でもそれなら写真とかでも問題なく認識できるだろうからあのメモ残るか……?
・みぬきちゃん!みぬきちゃん来てくれた!!
 もぐりこむ相手に成歩堂君ではなく御剣さんを選ぶあたりみぬきちゃんはよくわかってらっしゃる。
 みっちゃん天然だからね……気が付かない確率高いよね……。
・大臣は結局レイファ様のことどう思っていたのですかね。
 金庫の中の手紙があるから、娘に対する愛は本物だった説を推したい。
・ナユタ検事をお兄ちゃんて呼びたいけど呼べないレイファ様可愛い。
・王泥喜君独り立ちしちゃうんですか!?
 みぬきちゃんとはなれちゃうんですか!?
 王泥喜君がいなくなっちゃうと寂しいみぬきちゃんと心音ちゃん可愛い。
 寂しいけど、王泥喜君が望むなら送り出してあげないと……てしている二人が健気可愛いので王泥喜君は両方の事務所に所属すればいいんじゃないかな!(待て
・王泥喜君が戻ってくるのは何年後かな……。
 とか言ってゴタゴタで日本に戻ってきてすぐ一緒に法廷に立つことになるんですよね知ってる。
・EDアニメの御剣さんに寄りかかって寝るみぬきちゃんが私得過ぎて本当に有難(以下略)
・茜ちゃんが今後もナユタ検事に連れまわされてくれるみたいで非常に満足です。可愛い。
・数十件同時にとか王泥喜君過労死しちゃうから勘弁してあげてください。
 昔弁護士だった人いるだろ!?出てきてあげて!?
 レイファ様に至ってはそれただの嫌がらせだね。
・最後はお約束の異議あり。ですよねー!

結局、寄席の話は他の話と関係なかったんですね……。
心音ちゃんと夕神さん好きに対するただのファンサービスだったか。
それを言ったら2話もクラインに繋がってはなかったけども。
供子様もただの修行者だったんですね……クラインと倉院が繋がる話が来るとおもってたぜ。
始祖様も霊媒しないまま終わっちゃって残念。
真宵ちゃん復活ということで彼女の活躍を期待していたから、そのあたりは拍子抜けだったのですが、王泥喜君に関しては非常に満足しました。
その代わり、成歩堂君がサブ主人公ポジだったけどな。
メイン主人公は完全に王泥喜君だった。
清々しいまでに主人公だったよ、あの子。
4で成歩堂君に存在感食われてしまった王泥喜君が成長したなぁ……!
当時から追っている身としては実に感慨深いです。
で、これは王泥喜君編完結って事なのか、王泥喜君編が本格始動なのかどっちなんですか!!
いっそ次回は成歩堂君編と王泥喜君編と心音ちゃん編の三本同時発売とかしてほしい(無茶いうな)
……しかし、王泥喜君がこのままクライン王国に行っちゃうと牙琉検事の存在意義がなくなっちゃう気がして悲しいぜ。ライバル検事なのにいいところないね!!
逆に今作のナユタ検事は美味しい(最終話はガラン様に検事としての出番取って食われてたけども)役どころだよなぁ。
王泥喜君の義兄弟でライバルで幼馴染でって。
でも、私、ナユタ検事の被告人に対する数々の暴言忘れてないですからね!!
今までの検事もそれなりに暴言吐いてた気がしますが、今回のは行きすぎだったと思うんだ……。
最終的に悪役で終わるならそれもいいけど、実はいい子だったんだよて!やるのにそれはちょっとどうなのよ、と。
敵対ポジションである弁護士に対しての暴言は気にならなかったし、来世が変遷していくのは結構好きだったのですが、無罪である(とプレイヤーは知っている)被告人に対して言いたい放題だったのが……一言謝罪が欲しかった。
色々やってきたけど、悪(ガラン様)は倒したし、もう何も問題ないよね☆て空気も気になる。
ガラン様の言いなりになっていた、ナユタ検事アマラ様レイファ様三人の心情はそれぞれ理解できることはできるけど、その間生まれた冤罪やらなにやらに関してのコメントがなかったのがどうにも。
エンディングでそこに触れると暗くなるからわざと触れなかっただけとは思うのですが、やっぱりちょとは触れて欲しかった。
触れてから、二度と冤罪を起こさないために!て奮起する姿を描いてくれれば納得いったんだろうなぁ。
映っていないところで葛藤があるのはわかるんだけども!!
あと、レイファ様が(表面上は)あっさりガラン様の事切り替えているのが悲しかった。
「グレた」てあの言い方からしてガラン様はガラン様なりにレイファ様のこと可愛がっていたんだと思うし、インガさんは親ばか要素を巻き散らかしているし、もうちょっと何かあってもよかったんじゃないかな、て。何かあって欲しかったな、て。
そんな感じで、クラインの王族周辺に関してはモヤモヤしたものが残っています。
次回は是非クラインの子達が頑張っている様子が見たいなぁ。

さーて、次は特別篇プレイするぞー!
初期のメンバーでわちゃわちゃすると聞いてとても楽しみにしてたんだ!!
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

D277

Author:D277
全力でオタク道を驀進中。
足抜けの傾向は見られない。
無節操に色々手を伸ばしています。
心のバイブルは燃えよ剣(笑。

↓ブログに上げた版権絵をまとめたサイト。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア