伊藤潤「城を噛ませた男」

*以下ネタばれ注意
国を蹴った男が面白かったので他の本にも手を出してみましたー。
面白かったですー!
やっぱり視点の選択が面白いなぁ、この人の書く話。
似たような時期の話が多いので登場人物がかぶっていたりするんですけど、話ごとに性格が違ったり、そもそも展開や設定が違っていてちょと混乱します(笑。
一番顕著だったのは金吾さんだった気がします。
『戦は算術に候』と性格が違い過ぎて。『江雪左文字』に出てくる金吾さんは三成さんに金貸せよ貸さないと内府に味方しちゃうぞ☆とか言えなさそう。
『戦は~』の金吾さんが『江雪~』の江雪さんと相対したらどういう駆け引きしていたのか気になるところです。

『見えすぎた物見』
タイトルが秀逸な話でした。
物見がどこに繋がってくるのかと思えばそういう……!
ホウエンさんがもっと大きい国に生まれていたらどうなっていたのか非常に気になります。
外交で大活躍したのだろうか……。
ただひたすら頭をさげまくってのらりくらりと戦国を生き続けるって中々できることじゃないよなぁ。

『鯨のくる城』
この鯨の使い方である。
これは怖い。こんな状況になったら戦どころじゃないわな。
飄々とした殿さまが素敵でした。
これはこの人なら仕方ないなぁ、て思っちゃうわ。

『城を噛ませた男』
名胡桃城のアレは全部真田の昌幸さんの謀略だったんだよ!!て話。
いやー、父ちゃんがですね、清々しいほどに腹が黒くてですね。
猪俣さんがどうして父ちゃんの策略に乗っちゃったのか不思議でなりませんでした。
相手が腹黒って知ってただろ!?損得勘定が働いたとはいえどうして信用しちゃったかな!?特に二回目!!
昌幸さんと頼綱さんの関係がすごく好きです。
謀は昌幸さんの役目と思っている頼綱さんと頼綱さんにちょっと甘えている感のある昌幸さんが可愛い……可愛い……。

『椿の咲く寺』
どうあっても襲撃は成功しなかった、て結末が辛い。
復讐したいと願う父ちゃん達の気持ちも復讐とか因縁とか捨てて平穏に暮らしていこうよ!て娘の気持ちも分かるんだけど、どっちの願いも成立しなかったんだよなぁ。

『江雪左文字』
衝撃のラスト。
まさか負けた作戦をそこで使ったのか!?ていう。
江雪さんの度胸すごいわー。
しかし江雪さんの活躍によって関ヶ原の勝敗が決まったという話なのに、家康さんの印象が強すぎて江雪さんの存在が(私の中で)かすんでいる件。
金吾さんの動向に戦々恐々としている家康さんが面白くてだな……。
金吾さんが味方にならないと負けちゃうんだからお前ら金吾絶対味方にしろよ絶対だ!!とか無茶ぶりもいいところである。
そこであとは天に任せるだけ……、と大きく構えていたら江雪さんは動かなかっただろうからこの性格だから(作中では)天下取ったのだろうけども。
カメラで撮影して将軍になった後にこんなこともあったよね、て見せたい衝動に駆られます。
あと、作中の三成さんが粘着質でこれは嫌われるわ、と真顔になった。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

D277

Author:D277
全力でオタク道を驀進中。
足抜けの傾向は見られない。
無節操に色々手を伸ばしています。
心のバイブルは燃えよ剣(笑。

↓ブログに上げた版権絵をまとめたサイト。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア